新シェアハウス 入居者募集スタートしました!

入居者募集情報|大分県竹田市のシェアハウス「暮らす実験室 IKI とSIKA」

大分県竹田市にあるシェアハウス「暮らす実験室 IKI」と、「暮らす実験室 SIKA」の入居とレンタルカフェの募集情報をお届けします。

暮らす実験室 SIKAの募集状況

3部屋募集スタートしました!:(2022年11月22日〜) 

>>暮らす実験室 SIKA 募集詳細

2022年11月に1年半のリノベ期間を経て完成しました!元歯医者だった物件を、床をはぎ天井を壊し生まれ変わらせた、2階建のリビング+5部屋のシェアハウスです。

豊後竹田駅からは徒歩10分程度、スーパー・銀行・郵便局・多数の飲食店も徒歩5分圏内にあり、田舎町ながら車がなくても快適に暮らせる便利な立地。しかも城下町の中心地からは外れているので、車通りも多くなく静かに暮らせるのも魅力です。

暮らす実験室 SIKA

暮らす実験室 IKIの募集状況

1部屋募集スタートしました!(入居は2022年12月から可能です)

ずっと満室だった暮らす実験室IKIですがいよいよ入居者を募集します。

IKIはオーナーである私たち市原家も住んでいるので、3人の子どもと一緒のわちゃわちゃした生活となりますが、旅人、来客、イベント、いろんな刺激にあふれておもしろいと思います。

暮らす実験室 IKI

レンタルカフェの募集状況

1日〜レンタルキッチンとして貸し出しています。(飲食許可取得済み)

料金:売り上げの20%(学割あり)

>>詳細はこちら

ドミトリーゲストルーム

ちゃんとしたホテルとはちがうけど、竹田のリアルな暮らしを体験できます。

地方暮らしは、人と一緒にはじめた方がいいと思う。

地方への移住や二拠点生活は、ブームと言っていいくらい取り上げられる機会が増えていますね。

でも、いざ自分が移住しようと思ったら、ハードルを感じるという方も、多いのではないでしょうか。

移住へのハードル、そのうち大きいのは

(1)家

(2)人間関係

(3)仕事

ですよね。

ここ、「暮らす実験室 」にきたら、それを一人じゃなく、みんなで乗り越えられる

“最終的”には、そんな場所にできたらと思っています。

まあ、最初っから全部はむずかしいから、とりあえず

(1)田舎ならでは。だけど、住みやすくて、おしゃれな家

(2)日々をともに楽しみ仲間たちと集える

そんな場をつくってみました。

竹田の町の空気を、感じられる家にしたかった

リノベーションには、

この九州の木材や、材木屋さんで眠っていた古い木々をふんだんに使っています。

暮らす実験室 IKI 日田杉の床

大分に住む作家さんの暮らしの道具

タカギイツオさんのカップ

あちこちの蚤の市や、アンティークショップで探してきた、誰かの歴史が刻まれた古物たちも。

暮らす実験室 IKI の古物たち

竹田の町は、派手ではないけれど、味わいがある、どこか詩的なたたずまいを持っています。

それに惹かれてなのか、アーティストや作家さんの移住者が多いことでも知られています。

竹田に積み重なってきた人々の暮らしと、この家の暮らしが、自然につながるといいなと思っています。

大分県竹田市の城下町

竹田の城下町は、田舎だけど、便利です

大分県竹田市、山にかこまれた城下町に「暮らす実験室  IKI」と「暮らす実験室 SIKA」はあります。

どちらのシェアハウスも、JR豊後竹田駅から徒歩圏内(IKIは6分、SIKAは10分ほど)。

スーパーも、郵便局も、図書館も、フレンチもイタリアンも寿司屋も居酒屋もバーも徒歩5分圏内にあります。

(そして飲食店レベルが、かなり高いのもうれしい)

ゆっくり仕事できるおしゃれなカフェも、

竹田市のカフェ御客屋敷 月照楼

こだわりのパン屋さんも

竹田市のパン屋かどぱん

図書館も、温泉も老舗の和菓子屋さんも
山も、川も、ぜんぶ徒歩10分以内にあるんです。

市内には、炭酸泉で有名な長湯温泉をはじめ
多くの温泉があって、200円から入れます。
その日の気分や体調に合わせて温泉を選べます。

竹田市長湯のラムネ温泉家族湯

もちろん、自然も豊か
特におすすめは夏場の川遊び。
服の下に水着を着て仕事をして、帰りに川へ直行。
だれもいない、貸切の川原で服を脱ぎ捨て、ざぶんととびこむ!

大分県竹田市神原で川あそび

休日のお出かけ先も無数にあります

大分県竹田市は「九州のへそ」にあります。
ちょうど九州の真ん中にあるんです。
だから、遊び先の選択肢はかなり広いです。

温泉地として有名な、湯布院、別府へも1時間前後。

熊本と宮崎とも面しているんです。
「今日は、阿蘇行って、黒川温泉寄って帰ってこよっか?」
「宮崎の海でシーカヤックできるらしいよ」

ユネスコジオパークに登録された
祖母 傾 おおくれ国立公園に囲まれるようにある土地。
本物の大自然に触れることができます。

観光地としてのポテンシャルが高い場所が
気軽な日帰り圏内に点在していて、移住して6年経った今も、毎週のように旅行気分を味わっています。

竹田市久住高原の夏空

移住先としての竹田。ウリは、ひと

暮らす実験室を主催するわたしたち家族も
2017年に東京から、ここ大分県竹田市に移住してきました。

「どうして、竹田を選んだの?」とよく聞かれます。

いろいろ理由はあります。

城下町や自然に、どこか「詩的」な雰囲気があって好きだった。
いい家があった。
イタリアン、フレンチ、和食、天然酵母のパン屋さん
田舎町にしては驚異的に、食の選択肢が多かった。

でも、最終的には、ひとでした。

おもしろいことをしている人が、多いなぁと感じたんです。

この町どうですか?と話をふっても、
気づいたら町の今じゃなく
「この町で、自分がこの先なにをしたいか」
を語るおとなたちがたくさんいた。

このひとたちと一緒の暮らしなら、楽しくないはずがない。

その予感はあたっていました。

「暮らす実験室」にも
つぎつぎにおもしろいひとたちがおとずれますよ。

暮らす実験室 SIKA

約一年半かけてリノベーションした空間、ついに募集スタートします!

暮らす実験室 IKI

レンタルキッチン、コワーキング、ゲストルームのある多機能シェアハウス。子どももいる日々で、新しい暮らし方を深めよう