暮らす実験室IKIのこれから…シェアハウスの先に何を?

シェアハウスの壁作りDIY

暮らす実験室IKIでの入居が始まって早半年、まだまだDIYが終わりません。。

一部の人からは、ガウディが設計したサグラダファミリアのよう…と言われることも。

(永遠に完成しない、という意味で。。ただ、オーナーである私たちが「なにそれ〜ずっと作られ続けるなんてワクワクするじゃん!」と変にポジティブなのがいいのか悪いのかw)

というわけで今回はもはやIKIブログの常連(?)であるなおちゃんに、IKIのこれからをインタビューしてもらいました。

\暮らす実験室 IKI って?/
大分県竹田市にある、築約50年の物件をリノベーションしてつくったシェアハウスです。メイン機能はシェアハウスですが、ゲストルームあり、イベントもするし、多分一階は何かのお店もします。
それぞれが、したい暮らしを探し、やってみる場になればという思いを込めてこの名前がついています。

シホさん

暮らす実験室IKI のDIY担当。2016年に家族で東京から大分県竹田市に移住。夫のマサシとともに婚活コンサルタントとしても活動中。

なおちゃん

別府出身。福岡→東京→シンガポールで過ごしたのち、世界一周の旅へ。元SE。自然とヨガを愛して、農的暮らしを求めて今はぶらぶらしてる。行動と経歴を見るとガンガン社交的に感じるけど、実は人見知りで、繊細で、知的で、まじめでかわいいやつ。 byシホ

 

IKIのいま…入居が始まって半年経つけど…

なおちゃん

入居が始まって半年経ったけど、今のIKIはどんな感じ?
やっと住む場所としての機能が出来た、という感じかな。入居者が増えたり、外国人のゲストが頻繁に来るようになったり、楽しい日々を過ごしているよ。

シホさん

IKIのこれから…DIYの先にあるものは?

なおちゃん

まだまだ絶賛DIY中のIKIだけど、次はどんなことがしたいと思ってる?
日常の幅をもっと広げたいと思っている。住む場所として「食べる」「寝る」が快適にできるようになったから、次は、映画上映会、お茶会、着物体験、ヨガなどのイベントや文化活動をやっていきたい。

シホさん

一階は大工さんと一緒に改装していきま〜す。

イベント・体験スペース、作ります

なおちゃん

おー、良いね!楽しそう!ということは、ついに1階部分を作り上げるのかな?(IKIは2階がキッチンとゲストルーム、3階が住居スペースで、1階は物置になっているのです…)
1階の広い空間を区切って、半分は宿泊できる場所、もう半分をイベント・体験スペースにしていきたいと思っているよ。ミニキッチンや畳の小上がりスペースを作って、お茶会や着物体験をしたいな〜。2階部分もゲストルームがだだっぴろかったので壁で仕切って、ファミリー滞在しやすいものに変えてるよ。

シホさん

2階のだだっ広いゲストルーム…
みんなの力を合わせて〜
小さな協力者とともに
柱が立てられ…
仕切られていってます〜

やりたいことを、気軽に、楽しく

なおちゃん

今まで以上に人が集まる場になりそうだね!
竹田に移住して3年経つけど、いろんな人たちが助けてくれたおかげで、思っていたより「気軽に」婚活事業やこのシェアハウスを始めることができたんだよね。次は「暮らす実験室IKI」が、みんながやりたいことを気軽に実現できる場になれば良いな〜と思っているよ。

シホさん

田舎暮らしの新しい形

なおちゃん

単調になりそうな田舎暮らしも、「暮らす実験室IKI」に来れば、生き方の多様性と人の流動性があって、豊かな暮らしが実現できそうだね!
「暮らす実験室IKI」でどっぷり暮らすも良し、イベント等でふらっと立ち寄るも良し。みんなのペースで、この場所を活用してもらえたら嬉しいなぁ。

シホさん

夕飯はいっつもみんなでワイワイ。ここに遊びに来るだけでもきっと楽しい!

最後に

というわけで、現在1階を改修中。

春ごろまでに皆さんにお披露目できれば、と思っています。

が、IKIは第二のサグラダファミリア(!)なので、完成時期を公言するのは避けておきます…!

DIYのボランティアをしたい、イベントを主催したい、などはいつでも問い合わせ受け付けているので、気軽にご連絡下さいね〜!

IKIのお試し移住 詳しくはこちら