シェアハウスで壁作りDIY|フランス人たちと2階の部屋を増やした話。

こんにちは!暮らす実験室IKIの住人、なおちゃんです。

なおちゃん

別府出身。福岡→東京→シンガポールで過ごしたのち、世界一周の旅へ。元SE。自然とヨガを愛して、農的暮らしを求めて今はぶらぶらしてる。行動と経歴を見るとガンガン社交的に感じるけど、実は人見知りで、繊細で、知的で、まじめでかわいいやつ。 byシホ

日本のサグラダファミリアこと暮らす実験室IKIでは、1月の下旬から、2階のゲストルームを改造していました。

「チームフランス」と名付けたくなるほど、この時期のIKIはフランス人ばかり。

▼ワーキングホリデーで1年間日本に滞在中のフランソワ

View this post on Instagram

🔸 #暮らす実験室iki_イベント • \20人が大集合!フランソワ送別会/ • 家族とぷちっと会わなくなるような。 そんなさびしさにつつまれています。 2ヶ月半一緒に暮らしたフランソワが 旅立ちました。 • 最後の夜は送別会、ということで 20人が集まって、 フランソワが好きな餃子を275個! ラーメンもつくり ちょうど重なったバレンタインのチョコケーキ 堀田さんの焼き立て焼きもち いろんなポットラックが並びました。 • フランソワとゆうくんのギターセッション。 フランソワがつくった「Alone」という曲 がとても気持ちよく響いて きた時からのいろんな思い出がよみがえりました。 • シャイなくせに、さびしがりやで マイペースだけど、ひとの気持ちがよくわかる。 台所を最後まで片付けて 床をはいて、最後に寝るフランソワ。 • 夜、ごはんのあとには ソファではるをおひざに乗せておしゃべり。 フランス語の歌をうたいながら、 はるの顔をくるくるなでる。 旅立ちの2日前に、はるがその歌を突然うたいはじめておどろきました。 • 2歳の子が、フランス語のうたを うたうくらい、一緒にいたんだなぁー。 • おとなになると友だちって なかなかできないんだと思ってた。 フランソワは私たちの大事な友だちです。 友だちになるためにまずだいじなのは 器用じゃなくていいから 飛び込むことなんだと教えてくれたフランソワ。 • フランソワが旅立った夜 「あーまだ、信じられない。さびしいなぁ」 と私が言うと、娘のゆきが 「ゆっきーはだいじょうぶ。さびしいときは、また、あえることをしんじればいいんだよ。そしたらたのしみになるでしょ」 と。 • うん。そうだね、また会おう。フランソワ! • • ❓暮らす実験室ikiって❓ 大分県竹田市の城下町にあるシェアハウス。 したい暮らしを、ともに。 暮らしを実験し、実践する場所です。 • • #暮らす実験室iki #oita #大分 #taketa #竹田 #シェアハウス #大分シェアハウス #竹田シェアハウス #多世代シェアハウス #シェアハウス生活 #シェアハウス暮らし #シェアハウスの日常 #移住生活 #九州移住 #大分移住 #田舎暮らし #移住生活満喫中 #暮らしの風景 #workaway #workawayjapan #国際交流 #ホームステイ

A post shared by 暮らす実験室 IKI (@kurasu_iki) on

▼料理人のペッペとメディア関係のマーティン

View this post on Instagram

🔸 #暮らす実験室iki_日常 • \Tank you! Pepe and Momo♡/ • 12日間いっしょに過ごした ぺぺとモモが、旅立ちました! • 風邪っぴきが多い 大変なときにきてくれた2人。 いつも、Can I help you? と手伝ってくれて やさしくて、おもしろくて あっという間に、家族だけでなく 近所のひとにもなじんだふたり。 • お別れの日には 私たちが「おいしい!」といった料理の レシピブックをプレゼントしてくれて もう感激。 • クレープ、魚のケーキ、ナスのパテ キッシュにブロッコリーのスープ。 フランスの家庭料理🇫🇷を つくっちゃうしゃれおつシェアハウスに なっちゃうぞー! • We really want to see you again! Think of the share house as a Japanese house and come back anytime. • たくさん撮った写真を見て いい出会いに感謝する気持ちでいっぱいです。 • • ❓暮らす実験室ikiって❓ 大分県竹田市の城下町にあるシェアハウス。 したい暮らしを、ともに。 暮らしを実験し、実践する場所です。 • • #暮らす実験室iki #oita #大分 #taketa #竹田 #シェアハウス #大分シェアハウス #竹田シェアハウス #多世代シェアハウス #シェアハウス生活 #シェアハウス暮らし #シェアハウスの日常 #移住生活 #九州移住 #大分移住 #田舎暮らし #移住生活満喫中 #暮らしの風景 #workaway #workawayjapan #国際交流 #ホームステイ

A post shared by 暮らす実験室 IKI (@kurasu_iki) on

▼フランス人家族(6歳と8歳のやんちゃなボーイたち)

View this post on Instagram

🔸 #暮らす実験室iki_日常 • \はじめてのドキドキバレンタイン♡/ • 5歳のゆっきーが、はじめて ラブを意識したバレンタイン♡ • おとな達が「好きなひと」の話をしていたら ゆっきーも参入! 今年はゆっきーも、チョコをつくって プレゼントすることに♡ • みーんなにつくったけど ひとつだけ大きく、ラッピングも特別に。 • ステイしてるフランスの男の子たちと 一緒につくった チョコレートカップケーキ。 • その日はフランソワの送別会でもあったので 集まったみんなにもプレゼント。 粉の魔術師あやちゃんのつくった チョコレートケーキもあり。 • 甘い香りの夜になりました。 • • ❓暮らす実験室ikiって❓ 大分県竹田市の城下町にあるシェアハウス。 したい暮らしを、ともに。 暮らしを実験し、実践する場所です。 • • #暮らす実験室iki #oita #大分 #taketa #竹田 #シェアハウス #大分シェアハウス #竹田シェアハウス #多世代シェアハウス #シェアハウス生活 #シェアハウス暮らし #シェアハウスの日常 #移住生活 #九州移住 #大分移住 #田舎暮らし #移住生活満喫中 #暮らしの風景 #workaway #workawayjapan #国際交流 #ホームステイ #バレンタイン手作り #はじめてのバレンタイン #こどものいる暮らし

A post shared by 暮らす実験室 IKI (@kurasu_iki) on

▼可愛くてしっかり者の18歳、ルシル

View this post on Instagram

🔸 #暮らす実験室iki_日常 • \18歳、たったひとり。一年の異国旅。/ • ルシルが次の場所へ旅立ちました。 18歳。高校卒業して出発した 1年間の旅の途中で 私たちのシェアハウスに1週間ほど滞在。 • 18歳で、1年間、言葉が通じない国で過ごす。 それだけで、すごくないですか? ずっとずっと、いつかちがう文化を持つ国 日本や韓国にじっくりと滞在してみたいと 思っていて、そして実行した彼女。 • 両親と会えなくて、さびしくない? との質問に、 この孤独や、ひとりの時間、両親との距離は、 いまの自分に必要なもの。 自ら求めたもの。 さびしいとかさびしくないというより それによる成長や自立を大事に見つめたい と答えた彼女。 • この旅の途中は、SNSも更新せず 今に注力したいといいます。 • おとなになった今の私からみても なんだか、すごい成熟というか 自分の芯を感じるルシルに どういきたいかを考えさせられました。 • ありがとう。 また会おうね。 • Thank you for coming here ! Come to play anytime • • ❓暮らす実験室ikiって❓ 大分県竹田市の城下町にあるシェアハウス。 したい暮らしを、ともに。 暮らしを実験し、実践する場所です。 • • #暮らす実験室iki #oita #大分 #taketa #竹田 #シェアハウス #大分シェアハウス #竹田シェアハウス #多世代シェアハウス #シェアハウス生活 #シェアハウス暮らし #シェアハウスの日常 #移住生活 #九州移住 #大分移住 #田舎暮らし #移住生活満喫中 #暮らしの風景 #workaway #workawayjapan #国際交流 #ホームステイ

A post shared by 暮らす実験室 IKI (@kurasu_iki) on


たくさんのフランス人が手伝ってくれて、無事ゲストルームが完成しました。

▼ビフォー

だだっ広いフローリングの部屋。見えてませんが写真左側に小上がりの畳スペースがあります。

広すぎて寒いのが難点でした

▼アフター

あら、なんということでしょう!

もともと1部屋だったスペースが3部屋に増えました!

自分で作ったとは思えない壁たち

室内は真っ白に仕上げて明るくし、ドアは木の模様を活かしました。

白ベースの部屋はとても明るい



さて、ここまで行き着くまでに、約1ヶ月。。

これまでの軌跡を振り返りたいと思います。

土台作り

柱を立てるための土台となる木材を床と天井に取り付けます。

父を支える娘2人
木は頭で支える

柱作り

柱と間柱を取り付けます。

柱が立った!

ボード貼り

断熱材を挟んだ後、壁材のボードを貼り付けます。

なんでも手伝ってくれるフレンチボーイ

パテ塗り

ボードとボードの間の隙間をパテで埋めて、平らな壁にします。

隙間を埋めまくる

壁塗り

白の塗料を壁に塗ります。

個人的には壁塗りが1番好き
天井を塗るのが1番きつい

こう書くとあっという間の出来事に見えますが、入れ替わり立ち替わりの約10人で1ヶ月かかりました。

いつもお世話になっている大工さんが随時アドバイスをくれたり、フランスからきたボランティアの方々が頑張ってくれたおかげで、無事完成することができました。感無量!!

(自分の人生で、壁を作る日が来るなんて思ってもみなかったです。これも暮らしの実験の1つだなぁ。)



今年の春からは、今回作ったお部屋たちを民泊として住み開きし、

短期のゲストの方々も受けて入れていきたいと思っています。

一緒に暮らしの実験をしてみたい方、シェアハウスがどんな場所か気になる方、外国人との暮らしに興味がある方など、ビビッと来た方、お待ちしております!


▼シェアハウスの日々の暮らしはインスタで随時更新中です。

https://www.instagram.com/kurasu_iki/?hl=en