山菜をとりにいく。竹田の山に、春

シェアハウスに住む、おんがく食堂店主池見優くんが「山菜とりにいってくるー」というので、同行させてもらった。2人の子をつれて。

いまここ、を、あじわう。

という言葉がぴったりだった。

竹田の山に、春

山の手前にあるひらけた場所。そこらじゅうにあるふきのとう。小さな花に、いろんな芽。

「これは、たけりすぎ」(ひらきすぎの意味らしい)

「しばらく探してると、目が慣れてきて、どんどんいいサイズのふきのとうがみつかるね」

「わ!はるも、ふきのとうとってるよ!」

4歳のゆきだけでなく、よちよち歩きの1歳のはるまで、ふきのとうをちぎってはビニール袋に入れている。

太陽が雲に隠れては、出て。草むらが灰色になったり、輝いたり。

私がふきのとう探しに夢中になってたら、はるが泣いてて。おねえちゃんのゆきが抱っこしてくれてる。

とれるかなーと思っていたつくしはまだでていない。

近くの町の臼杵では、山のようにでてきているらしい。やっぱり、竹田は寒いんだな。

頭と身体、両方

こういう時間を大事にしたい。とは、ずっと思ってること。

だけど、「山菜をとりにいく」なんて地味で。準備もめんどうだし。

だから、実は、山菜とりにいくためにでかけたのは今日がはじめて。

楽しかった。私は、考えることに慣れすぎてる気がする。動くことより、想像することの方が、ずっと身近。

あたまでっかちだなぁ。

あたまでっかちなままでもいいから、身体もそだてたらいいんだ。

土を歩くやわらかさを忘れないうちにまた行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です