大分の田舎にあるシェアハウスに外国人がたくさんいて国際交流ハウスと化している!?

暮らす実験室IKI 国際交流な晩御飯

最近シェアハウスには、外国人のゲストが増えています

ワーキングホリデーで日本に来ている人や、カップルや家族で世界を旅行している人たち。

https://www.instagram.com/p/B6mYTDNgOeS/


このシェアハウスにいろんな国の人が集まり始めて、ますますこの暮らしが楽しくて魅力的なものになったと、心から思ってます!

個人的には、人の流動性と多様性と親密性が高いってことが、自分にとって幸せを感じやすい環境だなぁと思っているんですが、それが、すごく自然な形で実現できているんです。

でもでも、どうして人口2万人の小さな街に、外国人が集まるのか?

今日はその理由に迫ります。

Workawayって?

それは某日、ワークステイ中のなおちゃんと会話していた時のこと。

なおちゃん

workawayというウェブサイトを使って、世界各地でボランティアをしてましたよー。毎日4−5時間のボランティアをすると(週に2日はお休み)、食事と宿を提供してくれるシステムなんです。現地のリアルな生活が体験できて、とっても楽しかったです!
あら、それって、暮らす実験室IKIで募集しているワークステイと全く同じだ!しかも、外国人が来てくれると英語を話せる機会が増えるし、外国に行かずとも家庭内留学ができる!IKIでもやりたい!

シホさん

と、さっそくworkawayに登録することにしました。

初めてのworkawayはフランス人

workawayに登録して数日、少しずつ問い合わせが来るようになりました。(こんなに早く問い合わせが来るとは正直びっくり!)


まず最初に来てくれたのはフランス人の好青年、フランソワ君。

数年前に旅行で来た日本が忘れられず、フランスで日本語を勉強し、ワーキングホリデービザで2019年11月より、日本に滞在中。


(ヒッチハイクで別府へ行くほどアクティブなのに、ちょっぴりシャイでとっても優しい青年です。)

View this post on Instagram

🔸 #暮らす実験室iki_観光 • \フランソワ、別府へヒッチハイク/ • フランスからもう3週間 IKIにいるフランソワが 別府へヒッチハイクで旅へ! 竹田から別府までは、1時間ちょい。 • 隣の今勢屋さんでダンボールをもらい 「別府 日本語OK」と書いたボード をつくり、近くのコンビニへ。 • シャイな彼が10人くらいに声をかけて 女性がのっけていってくれたそう。 のせてくれたのに、キットカットを おをやげにもらって、あたたかさに感動。 • 別府では、駅前で青年と写真を撮ったり お風呂で国際交流したり 迷子になってたところ 高校生が助けてくれたり 冷麺食べたり、もりだくさん。 • ヒッチハイクかー。 私自身は日本でやったことはないけど いい交流なんだろうなぁ。 コンビニで声をかけるのが いいらしいですよ。 • ❓暮らす実験室ikiって❓ 大分県竹田市の城下町にあるシェアハウス。 したい暮らしを、ともに。 暮らしを実験し、実践する場所です。 • • #暮らす実験室iki #oita #大分 #taketa #竹田 #シェアハウス #大分シェアハウス #竹田シェアハウス #workaway #workawayjapan #別府 #別府観光 #ヒッチハイク #ヒッチハイク大分の旅

A post shared by 暮らす実験室 IKI (@kurasu_iki) on


IKIに1ヶ月以上滞在してくれているフランソワ君に、ここでの生活について、インタビューしてみました。

IKIの最初の印象は?

I thought it’s LIVELY! (とっても活気があると思ったよ!)

初日からいろんな人がこの家を訪れてきたし、干し柿を作ったり、

手打ちそばを食べたり、家自体が生きているなぁ〜と思ったよ。

竹田の街はどう?

It’s so beautiful! (とても美しいと思う!)

日本の古い家や城下町の街並みが綺麗だと思う。

あと、人がとても優しい!

休みの日は何をしてる?(基本土日休み)

竹田で出会った人たちがいろんなイベントに誘ってくれたり、

市原ファミリーと一緒に出かけたりしているよ。

今まで一緒に住んだ他のworkawayerはどうだった?

イタリア人とスペイン人のカップルはオープンマインドでよく喋る人たちで楽しかった。

https://www.instagram.com/p/B6ZbyJvgUtT/


フランス人ファミリーは、自由でのびのびとしていて、とても良い人たちだった!

久しぶりにフランス語を話せたのも嬉しかったな。

   

約1ヶ月、IKIに滞在してみてどう感じた?

毎日たくさんの人が出入りしていて、いろいろ誘ってくれるのが嬉しい。

陶芸家やミュージシャンなど、みんな個性的で面白い人ばかり。

しほさんとまさしさんは、ここでの生活や日本の文化をたくさんシェアしてくれるし、ボランティアは、DIYのほかにも干し柿作りなど、いろんなことを体験できて面白い。

僕がこのシェアハウスのランクをつけるなら、ファイブスターだよ!

というわけで、フランソワの目線から見たIKIの暮らしでした。

(フランソワ、いつもありがとう!)

英語でインスタ、始めました。

続々と国際化が進む暮らす実験室IKI。

ついに英語でインスタ、始めちゃいました。

IKIに訪れる外国人から、IKIの暮らしはどう見えているのか?

訪れたゲストの方々が感じた生の声を発信します。是非お楽しみに!

https://www.instagram.com/kurasu_iki_en/