たけた竹楽 2019(竹田のお祭り)でお店やります!斬新スイーツ試作したけど…結局

大分県竹田市がほこる2万本もの竹灯篭が灯るお祭りたけた竹楽(ちくらく) 2019が近づいてきました。

今年のたけた竹楽(ちくらく)開催は11月15日・16日・17日の3日間

人口約2万人のこの小さな町竹田市に、3日間で10万人もの人が訪れるというクラクラするくらいきれいな、ビッグイベントです。

>>2018年たけた竹楽(ちくらく)の様子

今年は、私たちのシェアハウス 暮らす実験室 IKIでお店を出そうと思います。

なに出そうか〜と、今日、いろいろ試作をしました。紆余曲折もありますが、美味しいにはちがいないものが出せそうなので、宣伝も兼ねて(!)紹介したいと思います。

\暮らす実験室 IKI って?/
大分県竹田市にある、築約50年の物件をリノベーションしてつくったシェアハウスです。メイン機能はシェアハウスですが、ゲストルームあり、イベントもするし、多分一階は何かのお店もします。
それぞれが、したい暮らしを探し、やってみる場になればいう思いを込めてこの名前がついています。

シホさん

IKIの初期メンバー池見家も遊びにきていて、にぎやかな試食会でした〜。

1品目 ほっとスィートポテトミルク

毎年、たけた竹楽(ちくらく)の日程に、急に寒さが訪れます。ひんやりとした空気の町に、竹灯篭が揺れるのがなんとも美しいのですが、寒いのは確か。

なのでみんなあったかいもの探しをします

美味しいコーヒースタンドがあちこちにあるので、コーヒーはさけて、ほっとするような飲み物を…と考えて。

竹田産のさつま芋を使った、ほっとスイートポテトミルクを作ってみました。

材料はシンプル。

さつま芋、阿蘇の牛乳、お砂糖、バターでコクを出して。

最後に、ほんのり甘い紫芋パウダーをかけてみました。

どぎつい色だけど、かわいい!

紫いもパウダーを竹楽のマークになるように、ラテアート的にふりかけたりしたらさらに映えるんじゃないかな〜なんて妄想

遊びにきてたあやちゃんにも飲んでもらう。

「うん!っこほ、こほっ。粉が、むせるね(笑)

あ、そう!?スプーンがいるね。

「う〜ん!美味しい!!!!甘さ控えめで、芋の味がするわぁ」

どれどれ、私も飲んでみました。

確かに美味しい!けど、ちょっとシンプルすぎて、他のお店で甘いものを食べた後とかだとインパクトに欠ける気もしました。

蜂蜜を加えて、バターを香りが豊かなグラスフェッドバターに変えて、竹楽に向けて準備すること。

もっと、美味しくなるぞ〜!

2品目 フライドポテト×バニラアイスの温冷スィーツ

お祭りといえば、なんか甘いものが食べたくなるよね〜。アイスかソフトクリームが売ってないか、ついつい探しちゃうよね〜という市原家。

でも、アイスは、たけた竹楽(ちくらく)には寒い。ってことで。

熱くて冷たい、スイーツを考えてみました。

あつあつのフライドポテト×バニラアイス

ポテトは、さつま芋じゃなくて、あえてのじゃがいも!

というのも、私の父は北海道でじゃが芋を栽培しているのです。それを使ったメニューを考えたいなぁと。マチルダというスエーデンが起源のめずらしい品種なのですが、とってもとっても美味しいのです。

しかも、農薬を一切使わずに栽培してるんですよね。じゃがいもを、農薬を使わずに、まあまあの規模で作っている農家は滅多にいないらしく、いつもおどろかれます。

>>父の農園 アグ・デ・パンケ農園

あつあつのポテトに、沖縄の雪塩と純黒糖を砕いたものをまぶしてアイスをオン!

ポテチのチョコがけとか、柿の種チョコとか、甘じょっぱいシリーズが大好きなので、これも美味しいでしょ〜と。

なになに〜うまそ〜

う〜〜〜ん♡

いけるね!!!

どんなカットがいいか、4種類で実験。

スライス、ダイス、大きめスティック、5ミリ厚。

アイスとフライドポテトの量のバランスもいろいろ実験。

これは、大きめスティックカット。冷めにくいので、いわゆる温冷スイーツの魅力がわかりやすい。

芋に、多めに黒糖塩をまぶしておくと、あまじょっぱさのコントラストが際立って美味しいことがわかりました。

試作品より、主張が強い人々がいっぱい。

なんか、普段はかわいいあやちゃん。どうしたんでしょ(笑)

キメっ。昔、こういうポーズでプリクラ撮る人、いましたね♡

みんなに好評!溶けたアイスを、ポテトに染み込ませて食べるのまでが美味しかったな〜。

ただ、アイスと合わせると、当然ながらポテトはすぐに冷めるので、寒い中で食べる体をあっためる存在にはならなさそう。ほんっとに、今更なことですが。

フライドポテトとバターもやってみた

そんなこんなでアイスもなくなってきたので、最後、アイスなしで食べるか〜ということになり、せっかくならバターを絡めるかぁ〜と。

バターをオンして、沖縄の雪塩を多めにふりかけて。

まぜまぜ。バターがみるみるとろけて、テカテカとポテトに吸い込まれていくぅ〜

あ〜ん。

う〜〜ん!

もう〜〜。これ〜〜

うまいでしょぉお〜〜

くぅぅぅ〜〜。

私も食べたんですが。

やっぱり、マチルダのフライドポテトとバターの相性は悶絶で。

アイスと絡めたのも斬新で美味しいけど、、、

「どうする?バターフライドポテトにする?」

「いっそのこと、ジャガバタ?バターをグラスフェッドのいいバターにしてさぁ」

などと、相談中。

これだけいろいろやったのに、なんじゃそりゃ(笑)

さて、本番は、どんなメニューになるか。お楽しみに〜〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です