イベント情報 7/18 ぐるずぶ市〜映画とマルシェな1日〜

6月からスタートした「ぐるずぶ市〜映画とマルシェな1日〜」

月に一度、第3日曜日…第サンサンデーに実施していきます!

7月は18日の日曜日!

ぐるぐる循環する暮らしを共有して、ずぶずぶにつながる…そんな時間を楽しみましょう。

7月ぐるずぶ市のマルシェと映画は

マルシェ 10:00〜14:00

手仕事 こけたま屋yoiの苔玉作りワークショップ

おやつ らららかき氷

静岡からきてるショータと竹田出身のマミちゃん、現役大学生コンビ
無添加の手作りシロップかき氷

ともくんのホットサンド

APUの現役大学生のともくん
竹田の素材をたっぷり使って、カリじゅわホットサンドを

ごはん 八重森くんの竹田メキシカン

東京から移住してきた八重森くん。前はBBQレストランの店長してたんですって
これは前作ってくれたメキシカンディナー!イベントでは何がでるかなー?

ドリンク アーユルヴェーダティー

野菜 今泉農園

ぐるずぶトーク 10:30〜

出店者さんたちに、お話を聞いていきます

これまでのこと、今つくっているものなど。

映画「コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~」14:30〜

8月を目前に、平和をポジティブに考えられる映画を選んでみました!

戦争は駄目だよね、の先を、考えてみたいな、と。

映画のあとは、お茶をのみながらまったりお話をば。

1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー。

世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育や国民皆保険制度を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。 

『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です