かぼす胡椒作り方・レシピ|風味豊かな果汁入りのオリジナル

かぼす胡椒レシピ

全国的にはゆず胡椒が有名ですが、かぼす胡椒も大分では定番です。

そして、かぼす胡椒には普段使わずゴミになりがちな「皮」をメインで使えるので、作らない手はないでしょう!

ということで今年初挑戦した、かぼす胡椒。かぼすの皮は大量手に入るのでいろんな調合で作ってみて、これだ〜という味を見つけたので紹介します

かぼす胡椒のレシピ・作り方

分量(作りやすい量)

  • かぼすの皮 50g
  • 青唐辛子(種取り後)30g
  • カボス果汁 12g
  • 塩 18g(重量の20%)

※青唐辛子対策として、ビニール袋、マスク必須

かぼすの皮と青唐辛子が1:1のレシピが多いけれど、辛くなりすぎるので、個人的にはかぼす5:青とう3くらいの、かぼす多目が美味しかった。果汁なしのレシピも多いけど、果汁は入れた方がマイルドで風味も増して圧倒的にオススメ

作り方

(1)かぼすはよく洗って、ピーラーで皮を剥き、刻む

「白いところに苦味があるから入らないように」とレシピには書いてあるけど、白いところをはいらないようにする無理なので、まぁなるべく薄くむくくらいで十分です。

そして、ミルorフードプロセッサーにかけやすい大きさに刻みます。

おろし器で皮をすりおろしてもいいらしく最初やってみたけど、気が遠くなる時間がかかるので断念。皮をすりおろすはお勧めしません

(2)青唐辛子はヘタ、種を取り、刻む

必ず、ビニール手袋を着用すること!今年はサイズが大きかったので切りにくかった(涙)ぴったりしたビニール手袋がお勧め。素手でやると数日間手がヒリヒリします!

ヘタを落とし、半分にカット。種をどんどんとっていきます。

種が辛いので、ていねいに取り除くこと。そして、ミルかフードプロセッサーにかけやすい大きさに刻みます。

(3)ミックスする

ミルかフードプロセッサーに①と②を入れてガーッとする。荒く刻めたらかぼす果汁と塩を入れて、好みの粗さになったら完成!

(4)ビン詰めORラップで包んで冷凍

すぐ使うぶんには瓶に詰めて。使わない分は、ラップに包んで薄めに伸ばして冷凍しておくと、使う分だけパキパキ割って解凍して使えます。

果汁が入っているから日持ちはイマイチだと思うので、我が家では1瓶以外冷凍させました。

いえーい。

餃子にも、蒸し豚しゃぶにも、焼き豚にも、焼き鳥、白身魚…何にでもあいます!!

ぜひお試しあれ〜!!

この投稿をInstagramで見る

🔸 #暮らす実験室iki_日常 \カボス胡椒のオリジナルレシピ/ • 秋の夜長にせっせとカボス胡椒づくり。 捨てていた皮部分でつくれるなら‥ と今年初チャレンジ! • 用意するのは、カボスと青唐辛子と塩だけ。 シンプルでしょ? ミルがあるのですぐできるかなーと思ったら 青唐辛子の種取りと刻みが大変だった。。 けど軽く一年分はできたし、美味しい!!! • WEBレシピをアレンジして 青唐辛子よりカボスの皮多めで果汁入りの フレッシュな風味あふれる調合を。 「コレ、売れるんじゃない?」と ウシシ!と自己満足しましたが もう一年は青唐辛子刻みたくない😭 ブログでレシピを紹介してるのでぜひご覧くださーい! • • ❓暮らす実験室ikiって❓ 大分県竹田市の城下町にあるシェアハウス。 したい暮らしを、ともに。 暮らしを実験し、実践する場所です。 • • #暮らす実験室iki #oita #大分 #taketa #竹田 #シェアハウス #大分シェアハウス #竹田シェアハウス #多世代シェアハウス #シェアハウス生活 #シェアハウス暮らし #シェアハウスの日常 #移住生活 #九州移住 #大分移住 #田舎暮らし #移住生活満喫中 #暮らしの風景 #かぼす胡椒 #カボス #かぼす #カボス胡椒 #カボス胡椒作り #かぼすレシピ

暮らす実験室 IKI(@kurasu_iki)がシェアした投稿 –